2010年03月27日

縁起のの良い結婚指輪


指輪やペンダントなどに
日本古来の文様の彫りを入れることができます。

写真の指輪は佐賀市のT様からご注文頂いて制作した
マリッジリングです。

めでたい模様である唐草が彫りで表現されています。
唐草は繁栄の意味をもつ、縁起の良い模様。
ご結婚指輪にはぴったりです。

このT様のマリッジリングに入っている唐草は
「蛸唐草(たこからくさ)」と呼ばれるもので
よく見ると、唐草に
蛸の足の吸盤のようなものが付いています。
陶磁器などにもよく使われている文様です。

外国にもこのような唐草文様があり
こちらは「アラビア風」という意味の
「アラベスク」という名称で呼ばれます。
イスラム教の建築物や装飾品などに
多く見られます。

日本の唐草とはまた違った趣があり
こちらもまた
ジュエリーのデザインに取り入れられることの多い
人気モチーフです。



その他、日本には、古来から
「吉祥文様(きっしょうもんよう」と言われる
めでたい文様があります。

吉祥文様には、龍や松竹梅の他、
「宝尽くし(たからづくし)」というものがあります。

打出の小槌(うちでのこづち)や砂金袋など
いろいろな宝物の絵を組み合わせた柄で
着物や風呂敷の柄などに、よく使われるそうです。


この「宝尽くし」も、指輪などのデザインにこなすと
面白いものになるかもしれません
縁起の良い文様 [デザイン]

良い結婚指輪ですねー

結婚指輪に縁起の良い模様を入れる
デザイン的にもかっこいいですね
結婚指輪を作るときにはオーダーをしてみてはいかがでしょうか?
posted by 丸お at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。