2010年03月28日

通信販売?


食べ物の通信販売で、”おいしくなかったら全額返金します!”という
ようなコピーは時々目にしますよね。
通信販売の場合、商品を直接確認できないので、購入者のリスクがある。
そこで、
”商品には自信があるぞ、安心して買ってもらいましょう”
という宣言をしてしまうのです。日本の場合、よほどまずくない限りは
返品が殺到するということもないので、返金の金額よりも広告効果の方が
ずっと大きいのだそうです。

その一方で、相当の返品を見込んでいるのが、靴の通信販売。
前後のサイズを比較したりするので、アメリカでは10個頼んで8個返品というのも
珍しくないと聞くけれど、それで商売が成り立つシステムがすごいなと思います。

前置きが長くなりましたが、婚約指輪、結婚指輪の返品保証の話しです。

店舗での販売の場合、ご納品後の返品を受け入れているところは
ほとんどないでしょう。ブライダルリングの場合、刻印が入っている等のカスタマイズ
がされていることが一般的ですし、返品されたリングを磨き直して再販売という
わけにもいかない。返品を受けいれる在庫金額が増えるばかりですから
店舗側も困ってしまうのです。

これが通販となると、多少変わってきます。
(当社は結婚指輪も婚約指輪も、注文をいただいたものをお作りする方式なので
返品をお断りしていることを最初に申し上げます)

結婚指輪、婚約指輪の通販のモデルとなっているのは、アメリカのブルーナイルと
いう会社で、ここでは30日以内の返品を受け入れているのです。
そのため、国内でブライダルリングの販売をしているサイトには”返品保証”の
表記がある会社も少なくありません。

ところが、その中身はさまざまです。

・ 未使用であり、かつ商品到着後8日以内ならば可能(理由は問わない)
・ 商品が破損・汚損していた場合、またはご注文と異なる場合には可能
 (商品到着後20日以内に連絡)
・ 商品の到着日より2週間以内、かつ未使用の商品が可能(刻印の入ったものは不可)
・ 商品到着後10日以内の申し出、かつ未使用の場合可能
・ 商品到着後7日以内に連絡、未使用品に限り可能
・ 商品到着後90日以内であれば有料(代金の10%)で返品可能

商品に問題がある場合の返品は当たり前として、ポイントは”気に入らない” という理由で
返品できるかどうか。皆さん、かなり試行錯誤が続いているようで、内容の変更も目にします。

アメリカと日本では、ブライダルリングや通販に対する認識の違いや文化の違いもあるので
なかなか難しいところですが、より良い環境を目指して考えていきたいと思います。
婚約指輪、結婚指輪、返品保証あれこれ

結婚指輪、婚約指輪にも通販があることを
はじめてしりました、ビックリです

でもこういう物は直接お店にいって作りたい気持ちもあります。
が、色々内容をしった上ではいいかもしれませんね
posted by 丸お at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。